bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

筋肉のリラックスが眠りを誘う 不可能なことには頭を使わない

仲野義康先生に「睡眠」ついて語っていただきました。
■仲野義康(なかのよしやす)
昭和14年横須賀に生まれる。昭和39年三重大学医学部卒業・三重大学病院胸部外科入局。その後、東京白十字病院・北里大学病院麻酔科・国立療養所神奈川病院、麻酔科医長・横浜桐峰会病院を経て、昭和60年仲野医院開業。現在に至る。
nakano.jpg

人間の体は血液循環がすべて

睡眠障害に悩む人は増えていますが、そもそも人間にとって睡眠とは何なのか、
根源的なところからお話しましょう。
眠りを知るためには、体の生理学と、その中心にある血液循環を理解しなければなりません。
人間が天寿を全うし、枯れるように亡くなることを「老衰」と言いますが、
これは血管が詰まり、循環が止まってしまうことなのです。
つまり、人間はどんなに生きても、最後は詰まってしまいます。
生きているのは、循環しているからと言い換えてもいいでしょう。

私は血液循環がすべてと考えていますが、当たり前の発想が西洋医学には抜けています。
根本的に血液循環を改善する薬はありません。
そもそも、全身の循環を良くする発想がないのです。
さらに言うと、動脈循環を重視し、静脈循環はほとんど無視されています。
東洋医学には「お血」という考えがあります。分かりやすく言うと、血の巡りが滞った状態です。

下水溝をイメージしてください。もし詰まったとしたら、
ジャブジャブと水を注いで流そうとするでしょうか。
貯まっているゴミを取り除いたら、スッと流れだします。
静脈を含めた循環を良くするというのは、そういうことです。
漢方には抗お血剤があり、この点は東洋医学の方が優れていると思います。
血液循環が良くなると、体の隅々まで栄養を運んでくれると同時に、
汚いものを持っていってくれて、体に溜め込まないのです。

血液循環と交流磁気の働き

私が治療に使ってきて確信しているのは、交流磁気が静脈循環にも作用していることです。
動脈に比べると、静脈の血流量を測定するのは難しく、
ほとんどデータがとれません。
だから西洋医学では、あまり触れようとしないのでしょう。
それでも私が静脈循環に作用していると確信したのは、
交流磁気をかけると、痛みを感じる人がいるからです。
正確に言うと、悪かった血液循環が改善される過程で「張り」を訴えているのですが、
抗血剤のような漢方薬と同じ作用を、交流磁気治療器は持っています。

こうした働きは、単なる磁石では期待できません。
磁場が変動する交流磁気だから、さまざまな症状に対して効果を発揮します。
私は血液循環が原因となって起こる症状には、
すべて交流磁気治療が有効に作用すると考えています。

一つ例をあげましょう。
膵臓炎という病気があります。
これはタンパクを分解する酵素が、表へ出るために痛みを感じます。
いま膵臓炎に使われている薬は、出てくる酵素とカップリングさせるだけで、
膵臓に作用してる訳ではありません。
私は膵臓の血液循環の悪化を原因と考えますので、
患者さんに交流磁気治療を行い、成果をあげてきました。

当院の交流磁気ベッドに寝ていただくと、20分くらいで眠くなり、
そのままイビキをかいている人もいます。
循環が良くなれば、体が温まって眠気を感じるのは当たり前のことですが、
当然のことが今の医学では軽視されているのです。

眠り・リラックスとは何か

前提となる血液循環を説明しましたので、本題の「眠り」に入りましょう。
人間の血液循環で中心となるのは、言うまでもなく心臓です。
心臓は収縮して、血液が一方向へ流れるようにできています。
sui_1.gif その一方向を作っているのが「弁」です。

実は心臓は一つだけでなく、いくつもあるのです。
もちろん心臓という臓器は一つですが、
心臓の構造を持ったものは、例えば足にあります。
足の筋肉がその役割を果たしていますが、静脈に弁があり、
歩くことで収縮すると、血液が圧迫されて上へ流れ出します。

もう一つ、常識では考えられない話をしましょう。
皆さん、いつも心臓は休まないで、働き者だと思っているでしょう。
しかし、心臓ほど100%休む臓器はないのです。
心電図を見たことあると思いますが、心臓は収縮したあと、蹴飛ばしても、
刺激しても収縮しない時期があります。
私はこれこそが、人間のエネルギーの源だと思っています。
心臓は完全にリラックスした状態なのです。

では、リラックスとは何か。
これを誤解している人が多いと思います。
もう一度、言います。
心臓は収縮したあと、筋肉が完全に緩みます。
ここがポイントです。

筋肉がだらりとなった状態を、リラックスと言います。
よく気持ちをリラックスさせろといいますが、あれは嘘です。
筋肉がリラックスするから、精神もリラックスするのです。

筋肉がリラックスしない状態で眠り続けた人は、
目が覚めても、絶対にすっきりしません。
筋肉を緩めて全身を脱力しないと、良い睡眠はとれないのです。
ここまで説明したら、眠れない理由も分かるでしょう。
不眠の人ほど、寝ようと努力します。
そうすると必ず頭が冴えます。
「先生、寝ようと頑張っているのですが」と言う人がいます。
私から見ると不思議で仕方ありません。
一生懸命に頑張ったら、眠れないのは当たり前です。

リラックスと頭の休め方

リラックスするためには、力を抜くのですが、
意外に難しくて、訓練しないと簡単にはできません。
が、ここでは考え方を説明しておきましょう。
逆説的な言い方になりますが、力を抜くためには、力を入れるのです。

これには、きちんとした根拠があって、以前に読んだ本がベースになっています。
内容はこんな感じでした。
朝鮮戦争のころ、アメリカ軍の落下傘部隊で、心筋梗塞の割合が非常に高くなったそうです。
原因は分かりませんでしたが、20代の若者が次々に亡くなっていくことを憂慮し、
真相の究明が始まりました。
ここがアメリカの凄いところで、徹底的に検証して、
ストレスが原因であることをつきとめました。
確かに戦場での特殊任務ですから、パラシュートが開かなかったらどうしようとか、
いろんなストレスがあったでしょう。
そこから軍は、兵士をストレスから開放し、リラックスさせる方法を考えました。
それが、力を抜くために、力を入れることだったのです。

訓練してリラックスの方法を身につけた人は、高血圧に悩んだりすることもないでしょう。
ストレスと言っても、すべてが悪いものではありません。
なるべく頭をフリーにしておくことです。
何も考えない時間が大切なのです。
不可能なことには、頭を使わない――。

これが悪いストレスと決別し、人間らしく生きるためのヒントです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税