bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

治療の第一歩は病気の仕組を理解すること「分かっている」という思い込みが危ない

交流磁気治療を中心に、食事や毎日の生活習慣、心のあり方などを含めて、総合的な健康創りをシリーズで考えています。日下医院の院長、日下史章先生にいくつか関心の高い症例を取り上げ、健康や医療を見つめ直していきたいと思います。今回は「高血圧」について、お話しいただきました。
kusaka.jpg ■日下史章(くさかちかあき)
昭和16年神奈川県生まれ。東京医科大学を卒業後、東京警察病院外科に入局。5年間勤務したのち、日下医院を開設した。平成2年に磁気医学物理療法研究所を併設。8年には「帯状疱疹後神経痛(PHN)に対するパルス磁気療法及び全身性交流磁気治療の試み」で、医学博士号を取得している。

高血圧とは

日本人は体質的に高血圧になりやすいと言われます。
国民の35〜45%、約3000万人が高血圧患者といわれ、症例数が最も多い生活習慣病です。
にもかかわらず、分っているようで、意外と
正しい血圧の知識を持っている人は少ないと感じます。
まずは基本的なところから説明しましょう。

心臓はポンプのように、絶えず収縮と拡張を繰り返し、全身の血液を循環させています。
心臓が縮んで血液を全身へ送り出すとき、動脈の内壁にかかる圧力を
収縮期血圧(最高血圧)といいます。
逆に心臓が開いて血液が戻るときの圧力は
拡張期血圧(最低血圧)といい、この2つの数値で血圧を表現しています。
両方とも高い人、最高血圧だけが高い人、最低血圧だけ高い人もいますが、
いずれの場合も高血圧症として注意が必要です。

高血圧と診断される基準は、最高血圧が140mmHg以上、
最低血圧は90mmHg以上が目安とされます。
これは安静にした状態で、座って血圧を測ったときです。
立ったとき、寝たときでは血圧が変わるので、実際の治療では
いろんな姿勢で測定することもあります。

よく貧血の患者さんから、「血が少ないので低血圧なのでしょうか」
と質問されます。
しかし、血液の量だけで血圧が決まる訳ではありません。
ketu_1.gif
上の図に示したように、4つの因子が複雑にからみあって、
血圧が高くなったり、低くなったりしているのです。

高血圧の治療

高血圧には2つのタイプがあります。

一つ目は本態性高血圧と呼ばれ、原因が特定できないものです。
このタイプが、実に高血圧患者の9割以上を占めています。
生活環境の影響や、遺伝的なものが関与していると考えられています。
軽い高血圧であれば、薬を飲む前に、まず生活態度を見直します。

例えば軽い運動をはじめたり、体重を落したり、減塩や禁煙、節酒、
ストレス解消に努めることで、20mmHgくらい血圧が下がることがあります。
それでも不十分な場合、お薬を使うことになります。
ホームドクターと相談して、なるべく緩やかな降圧剤から開始した方がいいでしょう。
血圧の薬も、最近は一生飲み続けるものではなくなっています。
医師の指示に従って、例えば血圧の上がりやすい冬場は飲んで、
温かくなると少し控えるといったことは可能です。
ただ、自分勝手に止めたり、飲みはじめたりするのは一番良くありません。
意味もなく血圧が変動し、血管に負担をかけます。

もう一つは他の病気が原因で引き起こされる二次性高血圧です。
例えば、糸球体腎炎など腎機能の低下による「腎性高血圧」、
腎動脈硬化症による「腎血管性高血圧」があります。
腎臓は極めて血圧との関わりが深い臓器です。
このほかにもホルモンの異常による「内分泌性高血圧」や、
大動脈炎症候群などによる「大血管性高血圧」もありますが、
このタイプは原因となる病気を治療すれば、血圧も下がっていきます。

高血圧と交流磁気治療

全身に交流磁気を使うのは、補助的な治療として有効です。
当院の外来を訪れる高血圧の患者さんに、30分ほど交流磁気治療を行い、
直後に血圧を測定すると、ほとんどの方は10〜20mmHgくらい血圧が下がります。
これは血圧をコントロールする自律神経の循環調節システムに、
磁気刺激が直接的に作用するからです。まず頭部への刺激は、血管運動中枢に作用し血管の緊張度を調節、正常血圧を保つように働きます。

全身性の磁気刺激は、心臓の拍出量および腎血流を安定させるだけでなく、
末端の小動脈でも血管平滑筋の働きを調節し、抹消血管の抵抗性を正常化してくれます。
動物実験でも確かめられており、これも血圧を安定させる効果があります。
また、自律神経が安定することで、日常のストレスを最小限に抑えることも期待できるでしょう。

血圧が高いと、背中から首がはったり、頭痛を訴える人がいます。
患者さんは、この痛みを何とかして欲しいとおっしゃいますが、
高血圧で気の流れが滞っていることが多いのです。ですから当院では、
交流磁気をかけたあとに、電気バリなどでツボを刺激してあげます。
交流磁気だけでとれる人もいますが、ハリを使ってあげるとさらに効果がでます。

高血圧と日常生活

高血圧は血管障害や動脈硬化を誘発し、やがては心臓病、
脳卒中、腎臓病といった致命的な合併症を引き起こします。
何といっても日頃から、高血圧にならない心がけが大切です。

まず注意するのは塩分の摂り過ぎ。日本人の塩分摂取量は
1日平均12gと言われますが、高血圧の方は6〜7gまで制限する必要があります。
肥満も大敵です。
適度な有酸素運動を最低30分、週に3回くらい行うようにすれば、
脂肪や糖を燃やし肥満を予防します。体重が落ちれば、血圧も下がります。

睡眠不足もいけません。すぐに血圧が上がります。
生活のリズムを整え、しっかりと休息をとるようにしてください。
高血圧の人がタバコを吸うと、心筋梗塞や脳梗塞になる割合が2〜3倍に上昇します。
逆にお酒は、適量なら血管を拡張させ、血圧を正常にしてくれます。
アルコールの許容範囲は30gとされ、日本酒なら1日1合、ビールは大瓶1本、
水割りなら2〜3杯が目安です。

まめに水分をとることも大事な習慣です。
朝方に多い、脳出血や脳梗塞の発作を防ぐと言われます。
人間の体は、夜寝ているときに1リットルくらいの水分が蒸発してます。
水分がなくなると血液の粘り気が多くなり、血管が詰まりやすくなるのです。
とくに電気毛布を使う人は要注意。体を乾燥させて、余計に水分が蒸発します。

高血圧の方は、お家の中にも危険が一杯です。
例えば、寒い冬場のトイレ。前立腺肥大や便秘などで、力を入れ過ぎるのは良くありません。
脱衣場も危ない場所です。
寒いところで服を脱ぎ、急に熱いお風呂に入ると、血圧が一気に30〜50mmHgくらい
上昇することがあります。

高血圧に限らず、まずは病気の仕組みをよく理解することです。
簡単に分かったと思い込まないで、なぜそうなるのかを知らなければ、
治すことはできません。とくに高血圧はいろんな原因が重なって、症状が出てきます。
自分の生活習慣がつくる病気ですから、よく理解すれば、症状の悪化を防ぐこともできるのです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税