bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

治るのではなく症状がでなくなるだけ 体力が落ちてきた大人の発作に要注意

「痛みの専門家」として名高い仲野義康先生ですが、今回は「ぜんそく」について語っていただきました。
nakano.jpg  ■仲野義康(なかのよしやす)
昭和14年横須賀に生まれる。昭和39年三重大学医学部卒業・三重大学病院胸部外科入局。その後、東京白十字病院・北里大学病院麻酔科・国立療養所神奈川病院、麻酔科医長・横浜桐峰会病院を経て、昭和60年仲野医院開業。現在に至る。

「ぜんそく」とは何か

「ぜんそく」の多くはアレルギーに分類されますが、
アトピーなど他の疾患と決定的に異なるのは、死んでしまう可能性があることです。
私が経験した症例で、駅で倒れて運ばれてきた、30代男性の症例があります。
意識はなく、わずかに呼吸があるだけ。
血液中の酸素が不足するチアノーゼで、全身が真っ黒でした。
すぐに呼吸を確保するため気管に管を入れましたが、
肺浮腫から心不全の兆候まであり、肺が広がりません。
極めて危険な状況でしたが、このときに役立ったのが「肺は腎を制す」という東洋医学の考え方です。
利尿剤を同時に使いながら、2時間くらいかけて酸素を送り込み、
ゆっくりと肺を広げていきました。
翌日には歩いて帰りましたが、
場合によっては死ぬということを、最初に指摘しておきます。
z_2.gif
「ぜんそく」はアレルギー反応によってヒスタミンが遊離し、
気管に浮腫をおこす症状です(図を参照)。
これにより気道が狭くなり、
結果として酸素を取り入れることができなくなります。
「ぜんそく」には様々な段階がありますが、一般的な治療法は、
浮腫をおこし狭くなった気管を広げるというものです。
z_1.gif バイ菌などの異物が入り、粘膜等が示す防御反応を、
炎症と呼ぶのが一般的です。
しかし「ぜんそく」の場合は、
気管の浮腫を無菌性の炎症ととらえて治療をしています。

この無菌性の炎症に効くのが、副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。
昔はそのまま飲んだりしていましたが、副作用が強いため、
今は吸入器を使って気管の粘膜に吸着させます。
確かに副腎皮質ホルモンは効きます。
炎症はおさまりますが、それで「ぜんそく」が治ったと考えるのは、
間違いだと思います。
正確には、「ぜんそく」の症状がでなくなるのです。

「ぜんそく」と体力

次は「小児ぜんそく」から、成長によってどのような変化があるのかを説明しましょう。
「ぜんそく」に悩む子供たちが、成長していく様子を、
身近でみてきた医師の立場からお話します。
「ぜんそく」と体力の間には、密接な関わりがあります。
5歳くらいから、何度も発作を繰り返す子がいました。
今はクラリネット奏者として活躍していますが、
当時、この子は根本的に体力がないのだと気付き、治療の方針を変えました。

前回も述べたように、漢方の考えでは、体力をつけてあげられます。
彼を含めて同じような症状だった10人くらいに、
小児虚弱体質に効果的な、「小建中湯」を飲ませました。
東洋医学でいう「脾胃」を強める漢方薬です。
体重40sを目安に太らせていくと、見事に結果が分かれます。
あまりにもアレルギー反応が強く、Igが一ケタ違うという例を除けば、
ほとんどの場合、漢方で体力をつけることにより発作はでなくなりました。

全般的な傾向として、中学や高校へ進むと、ほとんど発作はおきなくなります。
この間は、ものすごく体力を獲得していく時期だからだと思います。
次に重要なのは社会人になってからです。
子供の頃の「ぜんそく」がおさまっても、
このくらいから、再び発作に悩まされる人が出てきます。

これは社会の歪みと、大いに関係ありと考えます。
ストレスにさらされ、自分で生活をコントロールできなくなる。
そこで体力が落ちてくると、再び「ぜんそく」の症状がでてくるのです。
フランスはかぜをひいて会社へ行くと怒られますが、
日本は高熱が出ないと休めません。
それでも頑張って、倒れた人が立派なのですから、
馬鹿げているとしか言いようがありません。

先ほど、「ぜんそく」は治る訳ではないと言いました。
つまり、体力でカバーできているとき症状はでません。
何かの原因で体力が落ちると、再び症状が出てくる可能性が高いのです。
しかも大人の場合は、他のアレルギー症状とは異なり、
死んでしまう可能性があります。

子供のときは「ぜんそく」でなくても、大人になってから症状がでることもあります。
例えば、かぜで気管支の炎症を繰り返しているうち、
「ぜんそく」になることがあり、その際はただの咳止めでなく、
特別な治療が必要です。
もう一つ、慢性の副鼻腔炎を持っている人も要注意。
治りづらいこの病気も、引き金になるのではと疑っています。

「ぜんそく」と交流磁気

このように、成人してからも細心の注意が求められる「ぜんそく」ですが、
予防や治療の観点に立つと、体力を高めることが重要になってきます。
交流磁気治療器は全身治療を基本としますが、
部分的に当てる場合は、脊髄が良いのではないかと思います。
ここの神経を刺激すれば、必ず腸管運動が活発になります。
加えて食事のあと、腹部に当てるのも効果的でしょう。
いずれにせよ、先ほど申し上げたように体力とは、
「脾胃」を強めることです。
1〜2カ月ではなく、長期に渡って治療器を使い続けてください。

「ぜんそく」と交流磁気治療器の関係ですが、理屈から言えば、血流を良くすることで、
発作が起こることはないと思います。
もっとも発作がおきやすいのは、寝入りばなや、目が覚めるときです。
つまり交感神経と副交感神経が切り替わるとき、
神経のバランスが変化するときに発作がおきやすいので、
血流が良くなることと、直接の因果関係は考えにくいと思います。
脇から胸を挟むか、長い目で見ると脊髄やお腹が効果的でしょう。

繰り返し説明してきたように、「ぜんそく」は体力との関わりが大きい病気です。
体力とは何か、具体的な話はコラムに書きましたので、そちらを参考にしてください。

「ぜんそく」への警告

新聞などでも伝えられているように、「ぜんそく」の子供が過去最高に達するなど、
この病気になる割合は年々増えています。
私はこうした現状に、強い危機感を抱いています。
前回の花粉症に続いてアレルギーを取り上げましたが、
根っこにあるのは同じ問題です。
清潔な環境に育ち、人間として持ち合わせているべき抵抗力を、
獲得できていない子供が増えています。
だから、わずかな爆射にも、過剰反応を示すのです。
「ぜんそく」をはじめとしたアレルギー症状は、
これからも確実に蔓延していくことになるでしょう。

「ぜんそく」が厄介なのは、大人になって再び症状が出てくる可能性があることです。
しかも最初に述べたように、場合によっては死んでしまうことがあります。
本当に危ないということを、声を大にして警告しておきたいと思います。
抵抗力は大人になって獲得できるものではありません。
子育てのあり方からはじまり、
私たちの生きる環境について、今こそ抜本的に見直すべきです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税