bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

体が危ないと警告してくれるサイン 使ったら元へ戻す習慣を身に付ける

「痛みの専門家」として名高い仲野義康先生ですが、今回は漢方も使っている医師として
風邪について語っていただきました。
nakano.jpg  ■仲野義康(なかのよしやす)
昭和14年横須賀に生まれる。昭和39年三重大学医学部卒業・三重大学病院胸部外科入局。その後、東京白十字病院・北里大学病院麻酔科・国立療養所神奈川病院、麻酔科医長・横浜桐峰会病院を経て、昭和60年仲野医院開業。現在に至る。

漢方医からみた「かぜ」

「かぜをひきました」と言えば、普通の西洋医学の医者は、
「かぜですね。分かりました」と言って診察を始めます。

漢方を使う私の場合はちょっと違って、最初に「どうして、かぜをひいたの?」と聞きます。
患者さんはびっくりしますが、それが狙いです。
その人が毎日、どんな生活をしているのか、私は知りたいのです。

日常生活の中に、必ず原因があります。
例えば寝不足であったり、忙しすぎる、ストレスといった要因を、
患者さんとの対話から探っていきます。

かぜは単に症状を治せばいいものではありません。
むしろその人に与えられたサインであり、体の警告灯みたいなものだと、
私は考えています。これは以前にもお話した「痛み」とよく似ています。
体があなた自身にブレーキをかけ、訴えている声です。
その声に耳を傾け何かを学び、生活を改めなければなりません。

かぜの原因はウイルスで、免疫力が落ちたときにひきます。
1年に2回くらいなら普通でしょう。
しかし、2〜3カ月ごとに、かぜをひくのなら、
生活を根本的に見直す必要があります。
普通の生活をしていて、頻繁にひくのであれば、
それは体力がないということです。
体力がない人には、体力をつけてあげればいいのですが、
西洋医学では栄養を摂れとしか言いません。
漢方は全くとらえ方が違いますから、体力をつけてあげることができます。

もう一つ、かぜには段階があります。
これは漢方医なら分かっていることです。
一般的にかぜは、最初に肩のハリを感じ、
次は鼻、のど、気管支、お腹という順番で進みます。
最初の肩の段階で飲むのが「葛根湯」で、ここなら治りますが、
先に進行している場合は、違う漢方を使います。
私の場合、10種類くらいの漢方を使い分けています。
症状の進行だけでなく、体質や生活習慣も考慮します。

「かぜ」に効く薬はない

西洋医学でかぜ薬を出すのは簡単です。
基本的に一つしかないからです。
その中身は市販のかぜ薬と、ほとんど同じものです。
要は解熱剤なのですが、飲む人の体力によって効果が違うことを、
まず最初に知っておかなければなりません。

東洋医学では、人間の体質、体力を「実証と虚証」の二つに分けて考えます。
体力のある実証の人は、市販薬で治ります。
薬でなくても、玉子酒や、うどんに唐辛子で治る人たちです。
しかし、体力がない虚証の人が解熱剤を飲むと、逆に悪化させてしまうことがあります。

体の弱い人は、鼻や喉にウイルスがとどまらず、
気管支やお腹など、どんどん奥へ入っていきます。
あるいは順番どおりに進まず、いきなり気管支やお腹にきたりします。
こういう人は、同時に体力をつけないと、根本的にかぜを治すことにはなりません。
かぜ薬は実証の人、体力がある人の飲む薬です。
実証の人は飲まなくても治る訳ですから、結局、かぜ薬はいらないことになります。

そもそも薬でかぜを治そうなんて、おかしな考えです。
頭が賢くなったり、勉強できるようになる薬があるでしょうか。
あくまでも生活が治すのです。
そこでは、モノの考え方からはじまり、人生観が問われてきます。

「かぜ」と交流磁気治療

先ほど述べたように、かぜは肩のハリや凝りからはじまります。
要するに、肩のうっ血ですから、それを普段からとっておくのは、
かぜを予防するうえでも大切なことです。

さらに大切なのは、体を使ったら、元に戻す習慣です。
使いっ放しという人が、あまりも多いのですが、貯まった疲労は、
その日のうちに必ず回復させるよう、心がけてください。

その点、毎日、交流磁気治療器を使う習慣を持っている人は、
体を元に戻すことができています。
かぜをひいてからでは遅いので、普段から使って、
体の免疫力を高めるようにしましょう。

元に戻すというのは、つねに中庸をめざす、漢方と同じ考え方なのです。
東洋医学では頑丈で体力があって、真っ赤な顔をしている人も病気とみなし、
体力を減らす漢方もあります。

健康管理と称して、運動をしている人が多いのですが、
これも体を元に戻すことが大切です。
日本人は言葉に弱く、エアロビクスや水泳など、運動をやり過ぎている人がいます。
これが原因で過労になり、かぜをひくことも少なくありません。
私が診ている限りでも、30〜40代の主婦や、
余生を楽しみ過ぎている初老の方に、よくあるパターンです。

そもそも運動をして健康になるのなら、オリンピック選手はどうでしょうか。
あんなに不健康なものはないと思います。
あくまでも適度な運動であり、それも使ったら元へ戻さないと逆効果になります。

交流磁気治療器を毎日使い、その日の疲れは必ずその日のうちに解消し、
次の日へ持ち越さないようにしてください。

「かぜ」から何を学ぶか

一口にかぜといっても、ものすごく広い概念です。
人それぞれの生活様式などが背景にあり、原因もさまざまです。
治療の仕方も、その人の体質や、症状の進行具合によって変わってきます。
さらに年齢によって、かぜの意味も異なります。

k_1.jpg
西洋医学はあくまでも診断学が中心です。
もし治療学である漢方が広がっていけば、
かぜへの対処も変わってくるでしょう。
私がいつもみているのは、
患者さんの生活と性格です。

かぜは体からのサインですから、
医者にとって、生活や性格を知るチャンスでもあります。
その人にもっとも効果的と思われる言葉を選んで、
さりげなくアドバイスするようにしています。

もう何十年と生きて、何度もかぜをひいているのですから、
どんな時にかぜをひくのか、あるいはその兆候などについて、
自分なりに学ばないといけません。
そうしなければ、せっかくかぜをひいたのに、何も生かされていないことになります。
このままいくと危ないとか、そろそろ来そうだとか、
自分なりに危機への対処法を考えましょう。

残念ながら、あまりも学んでいない人が、多いように思えてなりません。

コラム  かぜの常識

@自然に治るもので、かぜ薬で治るのではない。k_2.gif

A普通は3〜7日で治るが、14日程度かかる場合も。

Bほとんどがウイルス感染。
ただし、インフルエンザを除いて、
  有効な抗ウイルス薬は存在しない。

C抗菌薬(抗生物質)はかぜに直接効くものではない。

D抗菌薬を乱用すると、下痢やアレルギーの副作用や薬が効かない
耐性菌を生み出す危険がある。

Eかぜ薬は、症状の緩和が目的の対症療法にすぎない。

F多くのかぜ薬、特に総合感冒薬は、連用すると発疹(ほっしん)や発熱、
胃腸障害など副作用の危険がある。

G発熱は体がウイルスと戦っている免疫反応で、
ウイルスが増殖しにくい環境を作っている。

H解熱・鎮痛薬は、症状が激しい場合にのみ頓服として使う。
アセトアミノフェンなど作用が穏やかな薬が推奨される。

I十分な食事が取れない時や消化性潰瘍(かいよう)がある人、
アスピリン喘息(ぜんそく)、腎不全の人はアスピリン、
イブプロフェン、ナプロキセンなどの解熱・鎮痛薬は飲んではいけない。

J症状の持続(4日以上)や悪化が見られる時は医師の診断が必要。

K予防にはうがい、手洗いが有効。うがいには殺菌効果がある
ポビドンヨード(イソジン)が望ましい。

L発症時、特に発熱時に最もウイルスをうつしやすい。
「成人気道感染症診療の基本的考え方」より


※薬でかぜが治らないことは、現在の医学でも常識となりつつあります。読売新聞(2004年11月12日付け)報道によると、日本呼吸器学会が、新しい診療の指針を打ち出しています。

喜びの声!かぜ(インフルエンザ)

個人情報に関して適用される法令を遵守しています。喜びの体験談はご本人の同意の上採用させていただいておりますが、万全を期して個人を特定できないように仮名にて掲載させていただいております。個人の感想です。

交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税