bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

喜びの声!花粉症

個人情報に関して適用される法令を遵守しています。喜びの体験談はご本人の同意の上採用させていただいておりますが、万全を期して個人を特定できないように仮名にて掲載させていただいております。個人の感想です。

健康の秘訣も仕事と同様に危機管理
事前に手を尽くし体のトラブル回避
【花粉症】遠山良助 様(仮名)75才
茨城県取手市在住

55歳のとき国鉄を退職した遠山さんは、長年に渡って、新幹線の線路を整備する仕事に携わってきました。
皆さんご存知の通り、開業当初から新幹線だけは、安全な乗り物という信頼を裏切っていません。

絶対に事故を起こしてはならないプレッシャーの中、遠山さんは日々、重責を担い続けてきました。
こうした経験は、定年を迎えたあとの人生にも、大きな影響を及ぼしたと言います。

「退職を機に保険に入ろうと思ったのですが、僕らは肉体も神経もすり減らす仕事をしてきたので、せいぜい生きても、5年くらいと言われていました。
だから保険も、60歳の払い込み満期にしか、入れてもらえなかったのです。

それでも、長年の仕事で培った、危機管理という考え方は、体に染み込んでいます。自分の健康に対しても、事前にあらゆる手段を講じておくよう、常に心がけてきました」

そんな遠山さんが、交流磁気治療器を知るきっかけになったのは、ささいな偶然からでした。
ゴルフの打ちっ放しで練習しているとき、いきなり初対面の女性に声をかけられました。

ちょうどそのときは、ケガで肩を痛めており、久しぶりにクラブを握ったと、
遠山さんは振り返ります。

「痛みをかばって、スイングがおかしかったんでしょうね。
突然、『肩の調子が悪いんですか』と話しかけられ、
それなら、うちの体験センターに来てくれと誘われたんです。

半信半疑でしたが、最初に体験したとき、何となく良い感触はありました。
それで3日ほど通ってみたら、本当に痛みがなくなったのです。

これは凄い治療器だと思って通い続けていると、今度は10日ほどで、
悩んでいた肩こりまで治ってしまいました」

遠山さんが、自宅でも使いたいと思い始めたとき、
ちょうど退職時に入った保険が、満期を迎えたそうです。
そのお金で最初に5台を購入、のちに8台まで増やし、
夜寝ているときを中心に、毎日使い続けてこられました。

すでに15年も愛用していますが、遠山さんは声をかけてもらったことに、
今でも感謝していると言います。

「もともと体が強い方ではありませんでした。
退職したときは、5年持てばいいと言れたのが、75歳になった今も健康そのものですから、
センターには足を向けて寝られませんね。

タイマーを交換したことはありますが、15年も使い続けて、
まったく故障をしないというのも凄いことです」

この間、肩の痛みだけでなく、遠山さんは予期しないことも、次々に良くなったと言います。
一つは、山登りをして靭帯を痛めたときです。

足への負担が大きい、下り坂で無理をし過ぎたため、歩くのも困難な状況になりました。
病院へ行くと、完治までに半年かかると診断されたそうです。

「安達太良山に登ったときのことです。
帰りはケーブルカーで下りてくればいいのに、無理して歩いていたら、
脛のあたりがものすごく痛くなりました。

センターへ相談すると、足を挟むように2台でかけたらいいとアドバイスされました。
その通りにやってみたら、これも10日で治ったのです。

先生から半年と言われていたのに、あっという間に痛みがなくなり、本当にびっくりしました」

もう一つ、予期せず良くなったのが花粉症でした。
遠山さんは毎年、花粉の飛ぶ季節になると、目がしょぼしょぼ、鼻はつまって、
喉までが痛くなるという、幾重もの辛さを味わってきました。

目と鼻の外用薬、さらに飲み薬も貰って凌いできましたが、
花粉がおさまるまでは仕方ないと、半ば諦めていたそうです。

「もともと目、鼻、喉が体質的に弱いんです。
その時期は扁桃腺も腫れるし、本当に大変でした。

磁気をかけたら良くなるなんて、まったく期待していなかったのですが、
使い続けていくうちに、少しずつ良くなっていったようです。

今でも用心のために薬だけは貰っていますが、ほとんど飲んでいません。

以前に比べたら、症状は全然軽くなっています」

15年間、毎日愛用し続けたことで、このように体質の改善もみられた遠山さんですが、
一方で自らの健康管理も徹底しています。

これが75歳になった今も若々しく、健康でいられる秘訣とおっしゃいます。

最初に自分の健康へ関心を払うようになったのは、歯の治療がきっかけでした。
40代後半ごろの出来事を、遠山さんはこう振り返ります。

「奥歯が3本ほど悪くなって、義歯を入れることになったのです。
一生ものの、しっかりした金歯を入れると、1本8万円もかかりました。

全部で24万円ほど払いましたが、このまま他の歯まで悪くなったら、
一体いくらかかるのか分かりません。

そのときから、徹底的に歯の手入れをするようになり、自分の体は、
自分で守らなければならないと考え直しました」

こうした自覚に基づき、遠山さんは今でも、さまざまな健康法を実践なさっています。
その一つが、いつも正しく、美しい姿勢を保つこと。

これは多彩な趣味を持つ遠山さんが、ソシアルダンスや謡曲を学んでいるうちに、
気が付いた健康法と言います。

「どちらにも共通するのが、姿勢の大切さなのです。
姿勢が悪いと、うまく踊れないし、良い声も出ません。

最初は壁に背中をくっつけて、背筋をすっと伸ばしたまま、
その姿勢を保つようにするといいでしょう。

椅子に腰掛けるときは、一番奥までお尻をさげて、背筋をぴんと伸ばします。

姿勢が良くなると、必ず全身の血行も良くなります。
私はこれが、最も安上がりな健康法だと思っています」

健康に関する細やかな気配りは、国鉄時代に培った、危機管理の発想に基づいている
という遠山さん。

事前にできることは、何でもやっておくという信念から、
寒くなるこの季節は、毎日必ず腰にカイロを貼っておくそうです。

「これで風邪をひかなくなりました。まとめ買いしておけば、1日20円くらいでできる、
安上がりな健康法です。

交流磁気治療器を使うようになって、血行を良くすることが、
どれだけ大切なことなのか分かりました。

60歳までしかもたないと言われたのに、今日まで健康でいられたのですから、
ぜひとも100歳をめざしてみたいですね」

今もエアロビクスで汗を流している遠山さん、
常に10歳は若く見られると胸をはります。

やはり健康の秘訣も、未然にトラブルを防ぐ危機管理。

これが新幹線みたいに信頼性の高い、健康な体になるための心がけであることを、
遠山さんに教えていただきました。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税