bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

喜びの声!肩こり・糖尿病・胃ガン・歯槽膿漏

個人情報に関して適用される法令を遵守しています。喜びの体験談はご本人の同意の上採用させていただいておりますが、万全を期して個人を特定できないように仮名にて掲載させていただいております。個人の感想です。

肩こりの背後に潜んでいた大病
急激な体重減から連続して手術


K.I.さん(仮名 63才)
東京都中野区在住

K.I.さんの肩こりは、ご本人が異常なほどパンパンに張っていたと言うくらい、ひどい症状でした。いまから10年以上前のことですが、その当時、建築事務所でお仕事をなさっていた今田さんは、無類のお酒好きでもありました。肩こりの前に、まずは当時の生活習慣から聞かせていただきました。
「お酒の量は半端じゃなかったですね。営業から戻ってきて、事務所で図面を書くのですが、そのときにウイスキーのボトルが1本空きます。それから職場のみんなと飲みに行って、そこでもう1本空けます。少なくとも、毎日ボトル2本は、必ず飲んでいました。日本酒なら5〜6升は軽くいけましたね。どれくらい飲めるのか、今日は勘定してみようなんて言いながら飲むんですが、なにせ底なしですから、数えても意味がないんです。そもそも限界がないんです。もちろん体に良い訳がなく、糖尿病の兆候もあって、食事療法を勧められていました。いくら先生に言われても、そんなのはお構いなしで、当時はまったく反省するつもりはありませんでした」
こんな生活が6〜7年続いたというK.I.さんですが、不摂生は十分に自覚していました。単なる肩こりではなく、アルコールが原因で、内臓からきているのではないかと考えるようになります。マッサージを受けても、まったく効果がなかったという頑固な肩こりを、K.I.さんはこんなふうに説明してくれました。
「はじめは運動不足かなと思ったのですが、何をやっても治らないんです。背中から肩にかけてカチコチで、自分で触っても鉄板のように硬くなっているのが分かりました。肩甲骨もガチガチに固まってしまい、肩を回すこともできません。原因はアルコールくらいしかないので、肝臓あたりがおかしいのかなと思っていました」
知人の紹介で、K.I.さんが最初に交流磁気治療器を知ったのは平成7年でした。肩こりがひどくなったこともあり、平成9年に入った頃から、本格的に自宅でも使うようになったそうです。そのときの感想を、今田さんはこう語ってくれました。
「何をやっても効果を感じないのですが、交流磁気だけは、かけているときに気持ち良く、すうっと楽になったのです。悩まされていた肩の違和感がなくなり、精神的にも開放されたような気分になりました。細かい仕組みは分かりませんが、磁気というのは面白い治療法だなと思いました。でも、完全に肩こりがなくなった訳ではありませんでした。今になってみれば、もっと大きな原因があったのだと分かるのですが……」
原因がみえはじめたのは、平成9年のゴールデンウィークです。その年の3月から4月にかけて、わずか1カ月の間に、K.I.さんの体重は4sも減ってしまいます。きちんと診てもらおうと考え、今田さんはゴールデンウィークを利用して、検査入院することにしました。
「とうとう来たなと思いましたよ。糖尿病を放っておいたから、ついにひどくなったと思い、知り合いの医者にベッドを空けておくよう頼みました。検査してもらったら、やっぱり大変な数値になっていて、どうして早く病院に来なかったのかと怒られました。入院中は食事をはじめ、すべて医師の指示に従いました。すると10日くらいで、正常な数値に戻ったのです。これで退院できると喜んだのですが、まだ2日くらい時間があったので、ついでに全部診てもらおうと思い、いろんな検査を受けました」
入院の端緒をこう振り返る今田さんですが、実際にはここからが大変でした。検査の結果、胃にガンが見つかったと言うのです。退院どころではなくなり、今田さんは呆然とする時間もなく、3日後に開腹手術を受けることになりました。
「もし糖尿病をやっていなかったら、ガンは見つからなかったと思います。あと3カ月発見が遅れたら、助からなかったかもしれません。人間の寿命は、不思議なものだなと思いました。でも私にとっては、ここからが一番辛かったです。今度こそ退院だと思っていたときに、また大変なことが起きました」
術後1週間が経ち抜糸をした頃、今田さんの口が開かなくなりました。入院した病院には歯科もあったので受診したところ、上下すべてが歯槽膿漏だと分かりました。またしても、すぐに手術を受けることになり、合計で7カ所を切開。ご飯も食べられず、さらに2週間ほど入院が伸びてしまいます。
「胃の手術は痛いも痒いもなかったのですが、歯は本当に大変でした。もともと歯だけは自信があって、栓抜きがなければ、ビールの栓を歯で抜いていたほどです。先生の話では、大病や大手術をしたあと、自分の強いところに、症状が出ることもあるそうです。それにしても、歯槽膿漏には一番悩まされました」
糖尿病からはじまり、胃ガンの発見、そして歯槽膿漏と、結局は1カ月以上の入院となってしまった今田さん。退院したときには、かつて67sあった体重が、10s以上も落ちていました。すぐに仕事へ復帰する訳にはいかず、まずは失った体力を、取り戻さなければなりませんでした。
「ずっとベッドに寝ていたので、自分でも足腰が弱っているのは分かるんです。とにかく歩かないと駄目だと思い、ゴルフ場に行って、一緒について回らせてもらいました。何をやってるんだと笑われましたけど、親指くらいのお握りを20個ほど作って、それを食べながら歩くんです。胃も小さいし、歯も悪いので、そんなお握りしか食べられないんです」
退院してからは、家にあった4台の交流磁気治療器も積極的に使いました。K.I.さんは手術をしたお腹にあてたり、疲れた足にあてたり、気になるところを中心に治療するよう心がけました。
「ゴルフ場を歩いているうちに、少しずつ体力の自信が甦ってきました。これなら大丈夫だと思い、しばらくしてゴルフのプレーもできるようになりました。ちょうど、それくらいから、まったく肩こりを感じなくなったのです。私の場合、大きな病気が肩こりの原因だったと思います。今でも交流磁気治療器を使っていますが、肩の方はまったく快調です」
K.I.さんのお話からも分かるように、たかが肩こりではなく、大病のサインということもあります。しっかりと肩こりについて理解したうえで、日常生活から、その原因を探っていくことが大切だと感じました。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税