bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

コラム…目の調節機能と老化

m_2.gif

人間の目は、遠くから一瞬にして近くのものにピントを合わせられる。
カメラのレンズに相当する水晶体が、厚くなったり薄くなったりすることで、
それぞれの距離にピントを合わせている。
水晶体の厚さを調節するのが、目の中にある毛様体という筋肉。
虹彩(茶目)の裏側にリング状にあり、くもの糸よりも細く、
丈夫な繊維が水晶体を吊り下げている。
毛様体の動きにより繊維が引っ張られると水晶体は薄くなり、
繊維が緩むと厚くなる。この機能を調節と言う。
若い頃は水晶体と毛様体によるピント調節がスムーズに行われるが、
老眼になるとうまく働かなくなる。
その原因は水晶体の弾力が低下してくるため。
水晶体は蛋白質と水分を失って硬くなり、
次第に弾力が低下してくる。
m_1.gif
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税