bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

白内障はどんな病気か

前回は、目の老化についてお話しました。
水晶体の弾力が失われてくるのが老眼でしたが、
その水晶体がだんだん濁ってきた状態が白内障です。
進行すると外からの光が目の奥まで到達しにくくなり、
最後には何も見えなくなってしまいます。

ha_1.gif

水晶体はカメラでいうと、レンズに相当します。
目に入ってきた光を水晶体で屈折して、網膜にピントを合わせる働きをしています。
白内障は老化と密接に関係しており、年齢が高くなるにつれて増えてきます。
程度の差はあれ、80歳以上になると、ほぼ全員が白内障になります。
このように、白内障は誰にでも起こる病気です。
40代でも30%に見られます。
一般的に40代、あるいは50代で始まる病気といえます。
ha_3.gif
白内障は原因によって、いくつかの種類があります。
ただ、圧倒的に多いのは、加齢以外にこれといった原因が見つからない「老人性白内障」です。
今回はこれを中心に解説しましょう。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税