bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

膝痛と交流磁気治療

次に運動や食事などと併用して効果をあげる、
交流磁気治療について解説しましょう。

言うまでもなく、筋肉に栄養を運んでいるのは血液です。
交流磁気治療の血流促進効果は、筋肉を鍛えるだけでなく、
衰えを防ぐうえでも重要な役割を果たしてくれます。
また以前にも触れたように、交流磁気治療の疲労回復効果も見逃せません。
痛み全般に当てはまることですが、
その日の疲れは、その日のうちに解消するのが基本であり、
小さな痛みのケアを怠ると、体全体のバランスを崩すことにつながります。
長期的に交流磁気治療器を使い続けるメリットは、膝痛においても大きいと言えるでしょう。

もう一つは、交流磁気による骨細胞の活性化です。
年をとって骨が悪くなったら、良くならないと言いますが、
正しい考え方ではありません。
理論的に考えても、細胞が生きている限り再生する可能性はあり、
年だから仕方ないと諦めるものではありません。
以前に骨折の症例などでも述べたように、
交流磁気が骨細胞の再生を促す作用は高く、血管供給がない関節の治療に適していると思います。
理論もさることながら、使っている人の実感が、何よりの証明になるでしょう。
当院でも膝痛に悩んでいる患者さんの多くが、交流磁気治療器を膝に挟んで使っており、
とても喜ばれています。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税