bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

筋肉の材料になる食事

筋肉を鍛えるのは、運動だけではありません。
筋肉のもとを作り、過重な負担を防ぐ食事が、同じくらい重要になります。
まずは運動から解説します。
先述した大内転筋、縫工筋を鍛えるには、
女優の森光子さんが毎日やっている「スクワット」が効果的です。
筋肉を鍛える運動には、持続力を高める有酸素運動と、
瞬発力を養う無酸素運動があり、膝痛の場合は両方ともやった方がいいでしょう。
7秒くらい息を止めれば、無酸素運動の効果をだせます。

巷には半ば脅迫するかのように、体に良いという運動で溢れ返っていますが、
わざわざお金をかけて始める必要はありません。
世界中のどんな民族も、音楽にのって体を動かす「踊り」を持っています。
日本であれば、盆踊りが最も有名でしょう。
ゆったりとした動きと、素早い動きを組み合わせた、
あの体の動かし方が理想的です。
あらゆる動作が含まれており、全ての関節を上手に使って踊ります。

私が以前に診た認知症の患者さんで、踊りの先生をやっていた方がいました。
感心したのは、絶対に転ばないことです。
若い頃から踊りで鍛えているから、年をとっても、
身についた正しい体のバランスが崩れたりしません。
日本の伝統である盆踊りこそが、最も日本人にあった運動なのです。

続いて食事です。
膝痛と肥満については、様々なところで言及されています。
十分な筋肉がないのに、栄養過多で体重が増えれば、重力に耐えきれず、
バランスを崩すのは当然です。
膝痛の方に、ぜひ食べてもらいたいのが小魚です。
頭から丸ごと食べるのが重要で、小イワシなどをすり潰し、
「ふりかけ」にするといいでしょう。
なぜ丸ごとかというと、これもバランスです。
一匹の魚には完成された栄養のバランスがあり、
それを全部飲み込めば、栄養学など必要ありません。

若い頃は小魚のような粗食が中心でも、年をとると事情は異なります。
衰えやすい筋肉の材料を補給するため、
たんぱく質やアミノ酸を意識的に増やしてください。
老人は肉食を控えた方がいいなんて嘘です。
少量でいいから、良質の肉をとるようにしましょう。
私は70歳になったら、毎日ステーキを食べてやろうと思っています。
以上のように、膝痛では運動と食事の両面から、
重力に耐える体づくりに努めなければなりません。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税