bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

リラックスと頭の休め方

リラックスするためには、力を抜くのですが、
意外に難しくて、訓練しないと簡単にはできません。
が、ここでは考え方を説明しておきましょう。
逆説的な言い方になりますが、力を抜くためには、力を入れるのです。

これには、きちんとした根拠があって、以前に読んだ本がベースになっています。
内容はこんな感じでした。
朝鮮戦争のころ、アメリカ軍の落下傘部隊で、心筋梗塞の割合が非常に高くなったそうです。
原因は分かりませんでしたが、20代の若者が次々に亡くなっていくことを憂慮し、
真相の究明が始まりました。
ここがアメリカの凄いところで、徹底的に検証して、
ストレスが原因であることをつきとめました。
確かに戦場での特殊任務ですから、パラシュートが開かなかったらどうしようとか、
いろんなストレスがあったでしょう。
そこから軍は、兵士をストレスから開放し、リラックスさせる方法を考えました。
それが、力を抜くために、力を入れることだったのです。

訓練してリラックスの方法を身につけた人は、高血圧に悩んだりすることもないでしょう。
ストレスと言っても、すべてが悪いものではありません。
なるべく頭をフリーにしておくことです。
何も考えない時間が大切なのです。
不可能なことには、頭を使わない――。

これが悪いストレスと決別し、人間らしく生きるためのヒントです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税