bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

帯状疱疹の治療方法

帯状疱疹は初期治療がものすごく大事です。
1回目の適切な治療で結果が決まると言っていいでしょう。
忙しいからといって2〜3週間放っておくと、神経が変性してしまい、
帯状疱疹後神経痛を発症する可能性が高くなります。

まず帯状疱疹の治療で最初に使うのが抗ウイルス剤です。
これは飲み薬、塗り薬のいずれか一方を使うのが一般的です。
痛みがあれば消炎鎮痛剤、患部がジクジクして感染する恐れがある場合は、
抗生剤を併用することになります。
症状がかなり深刻なときは、抗ウイルス剤を点滴で入れたり、
一緒にステロイドホルモンを使うケースもあります。

繰り返しますが、最も大切な、痛みに対する初期治療が遅れてしまうと大変です。
皮膚にチクチクとした痛みが出て、疱疹が出来はじめた段階で、
「もしかして帯状疱疹かもしれない」と疑いすぐに専門医に診断してもらう
という知識があれば、随分と治癒率は高くなります。
知っていると、知らないでは、その後が大きな違いになってしまう病気と言えるでしょう。

帯状疱疹でもっとも厄介なのは、神経痛だけが後に残る場合です。
こうしないため、初期治療に全力を傾けます。帯状疱疹後神経痛の特徴は、
どんな神経ブロックも効かないことです。
アルコールで神経を殺しても駄目です。
最終的には手術で、脳の痛みを感じる部分を壊してしまう人もいるくらいです。
耐えがたい痛みは、ガンに匹敵するとも言われ、ペインクリニックの分野では、
解決すべき最も大きな課題になっています。

もう一つ、帯状疱疹には厄介なことがあります。
それは症状が出た神経の支配領域に沿った内臓に、ダメージを与えることです。
例えば肝臓の上にできた場合、検査をすると必ず肝機能が低下しています。
胃の上だと、潰瘍ができていることも珍しくありません。
単に皮膚の表面におきている病気ではなく、その下の内臓にも注意が必要です。
原因は免疫機能の低下ですから、とくに高齢者の場合、
ガンとの関連も疑ってかかる必要があるでしょう。

このように内臓まで弱ってしまうため、帯状疱疹になると食欲がなくなり、
余計に回復が遅れてしまいます。
加えて激しい痛みが伴なうと、眠ることもできなくなり、
どんどん精神的に追い込まれていきます。
高齢者の方は、これで参ってしまうことが多いのです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税