bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

骨折と交流磁気治療

難治性の骨折に、交流磁気治療器が効果をあげるという研究は、
すでに学会などで何度も発表されています。
当院でも、治りにくい骨折に対して、効果のあった症例がいくつかありますので、
それをご紹介しましょう。

一つ目は、80歳くらいの女性でした。
膝関節の骨折で手術したものの、うまくいかず、息子さんが相談にこられました。
2度目の手術を薦められていましたが、今度も失敗したらどうしようかと悩んでいたようです。
私が交流磁気治療器を使ってみたらいいと言ったら、
2台ほど購入して、再手術を受けるのと同時に使い始めました。
今度の手術はうまくいって、その女性はまた歩けるようになったのです。
ご高齢の方でしたので、のちに別の病気で亡くなられましたが、
元気に歩けるようになったお礼にと、当院に治療器を寄付してくださいました。

もう一つの症例は、40代の男性でした。
腰痛で当院にこられたのですが、足にギプスをしていました。
「どうしたの」と聞いたら、「複雑骨折でなかなか骨がくっつかない」と言うのです。
骨折してから、もう3カ月以上経っていましたが、
「偽関節」といって、骨と骨の間に結合組織が入り込み、異常な可動性もみられました。
私はデータが頭に入っていたので、試しに交流磁気治療をやってみたらいいと薦め、
骨折した箇所をサンドイッチにして治療を続けました。
しばらくしたら、「骨がくっついたみたいです」と、不思議そうな顔をして
お礼を言いに来てくれました。

こうした症例も、すべては血流の改善により良くなったのです。
しかし現在の医学では、骨折の治療に対して、血流そのものを改善しようという発想が、
あまりないのも事実です。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税