bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

矢崎俊一と対談 パート2

免疫力を高める研究データは、いくつも報告されていますが、
バランスをとって中庸のところに持ってくるのが、交流磁気治療の特徴になっています。
極端に高くなったり、低くなったりせず、ちょうど良いところに持っていくのだと思います。
S極とN極があって、同じエネルギーを出しながら磁気が回っているので、
中庸に落ち着くというイメージで捉えています。

いま私は、福島県立医大の大学院で免疫学を学んでいます。

スポーツと免疫の関係はあまり注目されていませんが、
これから研究すべき大きなテーマになるはずです。
選手の免疫力が高いか、低いのかによって、最終的なコンディションニングが左右されます。

福島大学はコンディショニングが上手いと言われ、狙った試合には、
必ず力を出せる状態へ持って行きますが、
それも交流磁気治療に支えられている面が大きいと思っています。

もちろん、トレーニングの組み立て方が最も重要ですが、
普段から交流磁気をかけているので、交感神経と副交感神経のバランスが良くなり、
免疫力を上手に使えているのでしょう。

こんなに交流磁気治療を行っているチームはないので、アドバンテージは大きいと思っています
陸上競技も、最終的には免疫力が勝敗を決するというのは、
とても興味深く感じます。
選手も人間ですから当然なんです。
トレーニングをして鍛えていると、特別な人だと見られてしまいます。

しかし同じ人間ですから、暑ければ汗も出るし、寒ければ震えるんです。
逆に激しいトレーニングを積んで疲労が貯まっているから、
免疫力は普通の人より落ちている場合もあります。
だから余計に、免疫力を高めるのが重要になってくるのです。

医学とスポーツは、これまで十分な結び付きがありませんでした。
我々からみると医学は宝の山で、交流磁気治療だけでなく、
まだまだスポーツに使える知識があると思います。
エビデンスがあれば、私たちはすぐに試してみます。

有酸素運動と無酸素運動の割合が、従来の定説よりも異なるというデータが出ると、
すぐにその数字に従ってトレーニングの組み立てを変えました。
そうすると結果が出て、やはり正しかったのだと分かる訳です。

研究者には、その先をしっかり調べてもらい、私たちは実践者として、
良いものは貪欲に取り入れていきたいと思います
昨年の5月から、選手の皆さんが磁気針を使われています。
反応はいかがでしょうか。
一生懸命に使っています。

むしろやり過ぎで、みんなが青あざを作って、
最初はちょっと異様な感じでした。

昨年のインカレは、青あざだらけの福島大学が総合優勝しました。
選手は痛いところ、違和感のあるところ、あとはツボに沿って刺激しています。
青あざができるまで強く押さえる必要はないのですが、
それくらい選手たちは切実なんだと思います。
速くなるものなら何でも、すがりたい気持ちが強いんです。

その反面、自分で効き目がないと感じたら、すぐに止めてしまいます。
選手たちが今でも磁気針を使い続けているのは、やはり何か実感があるからだと思います
今年はオリンピックイヤーです。
最後は北京に向けて、川本先生の意気込みを聞かせてください。
前回のオリンピックは出れませんでしたが、
この4年間で参加できるだけのチーム力はついたと思います。

次のロンドンを視野に入れて、北京は何があったら上にいけるのかを、
しっかり学んできたいと思います。

負けるにしても、負け方が大切です。

世界のトップレベルをめざし、チームに何が足りないかを見極めたいです。

次のロンドンで活躍するため、北京ではしっかりと基礎をつくりたいと思います」
さらに次の次を考えている姿勢が素敵です。
私たちも精一杯、応援しますので頑張ってきてください。
本日はありがとうございました。
※2008年4月に対談した内容です。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税