bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

特別コラム 腰痛のツボを、磁気針で刺激!

y_5.gif
●腎兪(じんゆ)
大腸兪から指幅三本上の所(おへそと同じ高さ)にあります。

●志室(ししつ)
腰のくびれたあたり、へその高さで、背骨から左右に指3本くらいのところ。腎兪より指1本分外側にあります。

●大腸兪(だいちょうゆ)
ちょうどウエストベルトの高さ(腰骨の左右を結ぶ高さ)で、背骨から指2本分外側の所にあります。腰に手を当てて、親指で押すと、ジーンと効いてくる感じがする所です。

●胞肓(ほうこう)
臀部、第2正中仙骨稜の下の外方、指4本分のところにあり、この部分は大殿筋の起始部に当たります。この胞肓は、婦人科疾患に特に効果 があり、生理不順、生理痛、子宮内膜炎、子宮後屈の初期には良く効くツボです。

●環跳(かんちょう)
お尻の横、股関節部で股関節の外側にできる横絞の外端です。腰痛や座骨神経痛など、腰からお尻、股関節の血流を改善することで効果 を上げます。

●委中(いちゅう)
膝の裏の真ん中辺りです。委中は腰痛治療の代表的なツボで、特に急性の腰痛時には、押すとかなり痛いそうです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税