bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

リウマチとは

リウマチを関節の病気と思っている人は多いですが、症状の一つとして関節に
痛みが出てくるのであって、実際は全身の免疫異常によって起こります。
ただ、今もって、本当の原因は分かっていません。
何らかの理由で免疫異常がおこり、そこにさまざまな引き金が加わることで、
症状が出ると考えられています。

全国に60〜70万人の患者がいると言われていますが、そのうち8割が女性、
とくに30〜50代に多くみられます。
例えば、妊娠でホルモンの状態が変わってしまい、出産後になって
リウマチの症状が出たり、若いとき働きものだった人が、年をとってから
痛みはじめるというのも、私が診ている患者さんには多いです。

リウマチ患者には、健康な人にはないリウマトイド因子という
自己抗体が見つかります。
本来、抗体は外から入ってきた異物に対して作られますが、r_1.gif
リウマトイドのような自己抗体は、
自分自身の体を攻撃してしまうのです。
はじめに指などの小さな関節に痛みが出て、
だんだんと大きな関節へ移っていきます。
左右対称に痛みが出てくるのも特徴です。
局所的にみると、関節の滑膜が炎症をおこすことによって痛みを生じます。

リウマチは全身の病気ですから、関節以外にもさまざまな症状が伴います。
例えば、皮下結節といって皮膚の下に硬いしこりができたり、血管や目の炎症、
貧血などもあげられます。
とくに厄介なのは、胸膜炎や間質性肺炎など、肺に異常をきたすことです。
リウマチの患者さんには、ときどき肺のレントゲンを撮ったり、
変な咳をしていないか気をつけてあげないといけません。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税