bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

「ぜんそく」と体力

次は「小児ぜんそく」から、成長によってどのような変化があるのかを説明しましょう。
「ぜんそく」に悩む子供たちが、成長していく様子を、
身近でみてきた医師の立場からお話します。
「ぜんそく」と体力の間には、密接な関わりがあります。
5歳くらいから、何度も発作を繰り返す子がいました。
今はクラリネット奏者として活躍していますが、
当時、この子は根本的に体力がないのだと気付き、治療の方針を変えました。

前回も述べたように、漢方の考えでは、体力をつけてあげられます。
彼を含めて同じような症状だった10人くらいに、
小児虚弱体質に効果的な、「小建中湯」を飲ませました。
東洋医学でいう「脾胃」を強める漢方薬です。
体重40sを目安に太らせていくと、見事に結果が分かれます。
あまりにもアレルギー反応が強く、Igが一ケタ違うという例を除けば、
ほとんどの場合、漢方で体力をつけることにより発作はでなくなりました。

全般的な傾向として、中学や高校へ進むと、ほとんど発作はおきなくなります。
この間は、ものすごく体力を獲得していく時期だからだと思います。
次に重要なのは社会人になってからです。
子供の頃の「ぜんそく」がおさまっても、
このくらいから、再び発作に悩まされる人が出てきます。

これは社会の歪みと、大いに関係ありと考えます。
ストレスにさらされ、自分で生活をコントロールできなくなる。
そこで体力が落ちてくると、再び「ぜんそく」の症状がでてくるのです。
フランスはかぜをひいて会社へ行くと怒られますが、
日本は高熱が出ないと休めません。
それでも頑張って、倒れた人が立派なのですから、
馬鹿げているとしか言いようがありません。

先ほど、「ぜんそく」は治る訳ではないと言いました。
つまり、体力でカバーできているとき症状はでません。
何かの原因で体力が落ちると、再び症状が出てくる可能性が高いのです。
しかも大人の場合は、他のアレルギー症状とは異なり、
死んでしまう可能性があります。

子供のときは「ぜんそく」でなくても、大人になってから症状がでることもあります。
例えば、かぜで気管支の炎症を繰り返しているうち、
「ぜんそく」になることがあり、その際はただの咳止めでなく、
特別な治療が必要です。
もう一つ、慢性の副鼻腔炎を持っている人も要注意。
治りづらいこの病気も、引き金になるのではと疑っています。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税