bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

「ぜんそく」とは何か

「ぜんそく」の多くはアレルギーに分類されますが、
アトピーなど他の疾患と決定的に異なるのは、死んでしまう可能性があることです。
私が経験した症例で、駅で倒れて運ばれてきた、30代男性の症例があります。
意識はなく、わずかに呼吸があるだけ。
血液中の酸素が不足するチアノーゼで、全身が真っ黒でした。
すぐに呼吸を確保するため気管に管を入れましたが、
肺浮腫から心不全の兆候まであり、肺が広がりません。
極めて危険な状況でしたが、このときに役立ったのが「肺は腎を制す」という東洋医学の考え方です。
利尿剤を同時に使いながら、2時間くらいかけて酸素を送り込み、
ゆっくりと肺を広げていきました。
翌日には歩いて帰りましたが、
場合によっては死ぬということを、最初に指摘しておきます。
z_2.gif
「ぜんそく」はアレルギー反応によってヒスタミンが遊離し、
気管に浮腫をおこす症状です(図を参照)。
これにより気道が狭くなり、
結果として酸素を取り入れることができなくなります。
「ぜんそく」には様々な段階がありますが、一般的な治療法は、
浮腫をおこし狭くなった気管を広げるというものです。
z_1.gif バイ菌などの異物が入り、粘膜等が示す防御反応を、
炎症と呼ぶのが一般的です。
しかし「ぜんそく」の場合は、
気管の浮腫を無菌性の炎症ととらえて治療をしています。

この無菌性の炎症に効くのが、副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。
昔はそのまま飲んだりしていましたが、副作用が強いため、
今は吸入器を使って気管の粘膜に吸着させます。
確かに副腎皮質ホルモンは効きます。
炎症はおさまりますが、それで「ぜんそく」が治ったと考えるのは、
間違いだと思います。
正確には、「ぜんそく」の症状がでなくなるのです。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税