bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

病気に負けない心

糖尿病は治りにくい病気です。
一生付き合っていく覚悟が求められます。
リウマチや喘息などもそうですが、病気に負けて、うつになることがあります。
病気になっちゃった、これで一生だめだなんて考えると、ホルモンや自律神経など、
体全体の生きるという力がまったく違ってきます。
人間の体は、心がすべてをコントロールし、そこで命のリズムを決めています。
ですから、前向きに病気に立ち向かう決意がなければ治療はできません。

まわりの支えも大切です。
ご主人が糖尿病の場合は、まず奥様を呼んでお話するようにしています。
食事を取り上げてしまう訳ですから、夫婦喧嘩になることだって多いのです。
賢い奥様は、ご主人だけでなく自分も、食事の量を減らします。
そうすると、気持ちが伝わるんですね。
根気強く、一緒に治そうという人の存在が、何よりの支えになるでしょう。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税