bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

脳梗塞の症状と治療

一口に「脳梗塞」といっても、原因により脳血栓と脳塞栓の2種類があります。
脳血栓は動脈硬化が原因で、徐々に脳の血管が細くなるため、病状の進行は緩やかです。
一方の脳塞栓は、心臓弁膜症などで血液の塊が生じ、それが脳の血管に詰まってしまうものですから、
脳血栓に比べて、早く進行するという特徴がみられます。
nou_2.gif
脳梗塞の具体的な症状には、半身のマヒや知覚異常、言語障害などがあります。
あとは物事を忘れやすくなったり、集中力や意欲の減退、感情が不安定になることも脳梗塞の特徴です。
治療方法は、脳血栓、脳塞栓とも同じようなもので、脳の血流を助ける薬と、
脳細胞の代謝を促し働きを良くする薬を使います。
昔は、良い薬がたくさんあったのですが、現在使われているのは、
1〜2種類というのが実情です。
体にマヒがあればリハビリ、言語障害がでればトレーニング、
そして患者さんのショックが大きいので、心のケアも重要になります。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税