bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

花粉症の本質はどこか

花粉症になると、普通の人は耳鼻科へ行きます。しかし私は、そこから間違いが始まっていると思います。どうして花粉症を、鼻の病気と決め付けるのでしょうか。
患者さんの選択が難しい病気は、他にもあります。例えば帯状疱疹。最初は水疱ができるので、皮膚科に行く人が多いです。神経の病気だと分かってから神経内科へ移り、痛みが残ると慌ててペインクリニックという具合に、病院を渡り歩きます。問題なのは、同じ病気であるにもかかわらず、それぞれの段階で治療法が異なることです。やはり根本を探って、本質的なところを治療しなければなりません。
では、花粉症の本質とは何でしょうか。どんな医者もアレルギーと言いますが、教科書通りに説明するのは簡単です。理屈だけでなく、どういう人がアレルギーになるのかを、考えて欲しいと思います。例えば、アレルギーの代表は、アトピーや喘息で困っている子供たちです。いろんな子供を診て、気付いたことがあります。アレルギーになる子供たちは、必ずその原因にストレスがあります。では、ストレスをうむ要因は何だと思いますか。
答えは親です。もっと詳しく言えば夫婦です。子供は正直ですから、「お父さんとお母さんは、いつも仲が良い?」と聞けば、素直に「良くないよ。ケンカばかりしている」と答えます。アレルギーを持っている子供は、不思議なくらい、みんな親の仲が悪いのです。いつも親の顔色を覗い、怯えている環境が、子供にとって好ましくないのは言うまでもありません。
もう少し詳しく、ストレスの話をしましょう。もともと人間も動物ですから、外敵に襲われたとき、身を守るための機能が備わっています。それが交感神経と呼ばれるもので、体にある種の緊張状態を作り、生き延びるための防御をします。かつては人間を守った機能ですが、これが現代社会では、過剰反応を起こしているのです。休まる暇なく、四六時中、外敵から襲われたときのように、交感神経が優位な状態にあります。
いつも交感神経が優位でいると、不要な緊張状態が続く訳ですから、いろんな病気になるのは当然です。アレルギーも、その一つということになります。免疫機能だって、本来は人間を守るためのもの。しかし過剰反応により、結果として逆に、自分の体を攻撃している訳です。要するに現代人は、自己防衛のストッパーが壊れているのです。
なぜ、こうなるかというと、ストレスを回避するための方法を、しっかり学んでいないからです。かつては子供の頃、知らぬ間に身に付けていた知恵が、無くなってしまいました。このあたりのことは、後ほど特別コラムとしてまとめています。そちらも読んで、子供のいる方は実践してください。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税