bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

コラム  かぜの常識

@自然に治るもので、かぜ薬で治るのではない。k_2.gif

A普通は3〜7日で治るが、14日程度かかる場合も。

Bほとんどがウイルス感染。
ただし、インフルエンザを除いて、
  有効な抗ウイルス薬は存在しない。

C抗菌薬(抗生物質)はかぜに直接効くものではない。

D抗菌薬を乱用すると、下痢やアレルギーの副作用や薬が効かない
耐性菌を生み出す危険がある。

Eかぜ薬は、症状の緩和が目的の対症療法にすぎない。

F多くのかぜ薬、特に総合感冒薬は、連用すると発疹(ほっしん)や発熱、
胃腸障害など副作用の危険がある。

G発熱は体がウイルスと戦っている免疫反応で、
ウイルスが増殖しにくい環境を作っている。

H解熱・鎮痛薬は、症状が激しい場合にのみ頓服として使う。
アセトアミノフェンなど作用が穏やかな薬が推奨される。

I十分な食事が取れない時や消化性潰瘍(かいよう)がある人、
アスピリン喘息(ぜんそく)、腎不全の人はアスピリン、
イブプロフェン、ナプロキセンなどの解熱・鎮痛薬は飲んではいけない。

J症状の持続(4日以上)や悪化が見られる時は医師の診断が必要。

K予防にはうがい、手洗いが有効。うがいには殺菌効果がある
ポビドンヨード(イソジン)が望ましい。

L発症時、特に発熱時に最もウイルスをうつしやすい。
「成人気道感染症診療の基本的考え方」より


※薬でかぜが治らないことは、現在の医学でも常識となりつつあります。読売新聞(2004年11月12日付け)報道によると、日本呼吸器学会が、新しい診療の指針を打ち出しています。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税