bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

うつ病の基本は気分障害

うつ病は国際的に気分障害、あるいは感情障害という名称で呼ばれており、
素質や遺伝の影響は無視できないものの、現時点では原因不明と言わざるを得ない
内因性の病気です。
生涯有病率は男性が5〜12%、女性は10〜25%とされ、女性の方が2倍も多くなっています。
典型的な症状は、
@気分の障害(落ち込み・憂うつ)
A意欲の障害(気力の喪失・興味関心の低下)
B思考の障害(判断力の低下・悲観的な思考)
C身体の障害(不眠・食欲低下)
というふうに、4つに大別されています。

このうち、うつ病の基本障害は@の気分の障害です。
気が滅入る、気が沈む、鬱陶しいなどと表現され、その深刻さにも様々な段階があります。
こうした気分の落ち込みは誰しも経験するものですが、うつ病には明らかな違いがあります。
まずは持続する時間で、通常は1日以内、長くても2〜3日程度ですが、
うつ病の場合は1〜2週間も落ち込みが続きます。
また、誰にもある落ち込みには原因があり、その消失や対処法が見つかることにより解決します。
しかしうつ病の場合は、落ち込みとの間に因果関係が見当たりません。

落ち込みを自ら表現しているうちはいいのですが、重症になると言葉にできず、
姿勢がうつむき加減になったり、動きが乏しく暗い表情になるなど、動作や態度に現れてきます。
このような状態を「抑うつ気分」と言い、午前中に強く現れるのが一般的で、
夕方から夜にかけて楽になるといった日内変動があります。
抑うつ気分は、ある日突然はじまったり、回復するのではなく、
変動を伴いながら良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税