bo1.gifsp.gifbo2.gifsp.gifbo3.gif

交流磁気治療器 認可へ道

磁気治療器というと、体に装着するものというイメージが強かったのは、私が開発した交流磁気治療器が出現するまでは、圧倒的に永久磁石の治療器が多かったからである。

 

永久磁石を使った治療器の歴史は古く、中川博士が調べたところによると、昭和二十九年頃に、磁気を帯びた指輪が市販されていたということである。ただ当時は、医学的な根拠もなく、また現在のような薬事法による規制もなかったために、いわゆる民間療法の類にすぎないものだった。   

 

だが、昭和三十六年七月より、磁気を応用した治療器は、厚生大臣の製造認可を受けなければ、作って販売することができなくなった。

逆に言えば、この規制が生まれたことにより、磁気治療器そのものが社会的に認知され、ひとつの巨大な医療産業市場をつくりだしたともいえる。

 

私が交流磁気治療器を開発するについて、もっとも苦労したのが、この薬事法の規制をクリアすることであった。この認可をもらうためには、最低でも二つの病院の臨床データを添えて、厚生省に提出しなければならない。

大メーカーなら簡単にできることも、私のような電々公社を退職した一介の技術屋がやるとなると、それは容易なことではない。

 

たとえば、あのガンの特効薬といわれた丸山ワクチンが、いまだに薬事法をクリアできないでいるのをみても、いかにこの規制を突破することが難しいことか、おわかりになるであろう。

交流磁気治療の本!2013年1月25日発売

アマゾンからご購入いただけます。


「磁気治療が好き!ー心にも体にも優しい免疫も高まるエネルギー療法」
日下史章先生 上村晋一先生著
永野剛造先生 要明雄先生 川本和久先生にもご協力いただきました。
コスモの本より  1200円+消費税